サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

資生堂の株価が上がりすぎだろこりゃ。

こんにちわ、皆さんもう花見はしましたか?

今、桜は東北の方に向かっているそうですので、見かけた方はどうか止めておいてください。

私、東北に旅行に行きますので、散ってもらっては困るわけでございます。

 

さて今日は株の話でもしましょう。テキトーに個別銘柄のこととか。

 

資生堂という会社をご存知でしょうか。

化粧品の会社ですね。時価総額が数兆円という大企業でございます。

この会社の株価が最近ぐんぐんあがっています。

社長が変わっただのなんだので、なんか色々あって躍進してるそうです。

大企業なのに新興企業の株価のように上昇しています。

一年で倍以上、ここ1、2か月だけで数十パーセントあげてます。わー、すげー。

f:id:monkey-try:20180410214346p:plain

ちょっとした資生堂バブル。

割安でもないので、ちょっと私は手が出せませんね。

 

うって変わって今度は小型株のソウルドアウト。

去年の7月にマザーズ市場に新規上場したばかりの会社です。

中小・ベンチャー企業向けのwebマーケティングを支援している会社です。

ぐんぐんと業績を伸ばしています。

今現在の株価チャートはこんな感じ。

f:id:monkey-try:20180410234000p:plain

本日、一時ストップ高になりまして、保有していた株をすべて売却。
そもそも、ちょっとしか持ってなかったのですが。

 

ここの銘柄はあらかじめ売買の計画を立ててありまして、

チャートが非常に分かりやすい動きだったので

シンプルなテクニカル分析で売買しようと考えました。

f:id:monkey-try:20180410235553p:plain

「こりゃ押し目だな」とAのポイントで買った後に(本当にキレイな押し目になってラッキー!)

下値同士を繋げた線、上値同士を繋げた線を引きまして、

下値同士を繋げた線に近付いたら買い増し、上値同士を繋げた線に株価が到達したら

売却を繰り返して、複利で増やしていこうとかそんなことを考えていたら、

あっという間にストップ高で、びよーんと上値の線に到達してしまったので利食いしました。

次の日に更に上昇する可能性もあるので全部売ることもなかったんですけど、板が薄いし出来高も少なめな銘柄なので、とりあえず売れる時には売っておこうと最初に決めておいたルール通りに売却。利食い千人力ということで。

 

ストップ高の理由は、どこかの会社がソウルドアウトの目標株価6000円!強気!と公表したということで、そのニュースを元にわらわらと金の亡者が集まってきて(笑)ストップ高になったようです。

正直言うと、目標株価だとかレーティングだとかは株価に影響して急激に大きく動いたりするのでやめて欲しいのですが、まあいっか。

ここは機会があれば、また買おうと考えています。

機会がなければ縁がなかったということで。

 

あとは、同じく時価総額の小さいウィルグループ。小型株です。

人材派遣の会社で、独自のハイブリット派遣というシステムを強みとしています。

事業を拡大させようといろいろ頑張っているようです。

f:id:monkey-try:20180411010217p:plain

この銘柄は以前所有していたのですが、今ちょっとずつ買い戻している所です。

前回は決算日前にグングンと株価があがっていく最中で全部売りました。Bの所です。

株式市場全体の地合いが悪くなり始めてることと、急激に株価をあげていたので決算によほどのサプライズがなければ、一時的に下がるだろーなーと思い、

下がった所で再び買い直そうと考え一旦すべて売却。

そしたらその後、めちゃくちゃ下がりました。

結果的に高値で売ることに成功したわけですが、ただ運が良かっただけでございます。

2100円を超えていた株価がいろいろな要素が絡んで一時1300円台まで下がりまして、

再び上がろうとする度に猛烈に売りが入って叩き潰されているというのが今のウィルグーループの株価の現状です。

Cの期間、上値と下値が意外と結構キッチリしていてボックス状態になってます。

だったら下値付近の1400円くらいで買い増しておこうと、今ちょこちょこと買っている所です。

不安な点を挙げるとするならば、実は悪い材料がどこかに漏れているために売りが激しくなっているのでは?という部分ですかね。

 

しかも、まだ、下げる余地が残ってますからね。

ここからさらに下げた場合は、完全にファンダメンタルに切り替えて、

一回損切りして、また底で買いなおそうと考えています。

 

ということで今日は、とりあえず気になってた銘柄の現在の株価をたらたらと挙げました。

他にもいろいろあるのですがキリがないので、気が向いたらまた!

それではさよなら!