サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

お風呂は気持ちが良い。

自分のブログを始めてから、人のブログをちょこちょこと読むようになりました。
隙間の空き時間を利用して、購読しているブログを読むのが結構楽しかったりします。

また、そういう時に、レアな瞬間に出会ったりすることがあります。
それは、その人の本音がポロッと飛び出したりだとか、素の部分がモロに出てしまったりだとか、そういう瞬間です。
私は、そういった場面を見られた時は「ああ、何か人間くさくて良いな」と感じて嬉しくなったりします。

この間、私が購読している、ある人のブログで、文体が普段と少し違う感じで書かれていた記事があったのです。
それは何といいますか、感情に任せて勢いで書き殴ったような文体でした。
たぶんその方は酔っ払っていらしたと思うのですが(笑)その内容は、とても熱いものでした。

同僚が職場で不当な扱いを受けていると。
そこで一緒に呑みに行った先で「あなたは何も悪くない、私はあなたの味方だ」とはっきり伝えてきたと、確か、そんな感じの内容が書いてあったんですね。
普段と違った感じの文体と内容だったので、ちょっとビックリしたんですけど、それを読んで「この人こんなに熱い正義感を持っている人だったのか」と、私は感心して何だか嬉しくなって、とても好きになりました。
まあ、次にそのブログを訪れた時には、その記事は削除されていたのですが(笑)
そんな感じで別の一面の部分が突然ポロッと出るのって、人間っぽくてとても可愛いですよね。
たまに、ブログを読んでいると、そういう場面を見られることがあったりして面白かったりします。
文章って、簡単に言うと文字がただ並んでいるだけじゃないですか。
でもそこに書く人の個性や人間味が現れてくるって、実はすごい不思議なことだと思うのです。

文字というのは、人間が便宜上のために生み出した記号なわけです。
それが並ぶことによって、私達の感情が動いたり、考えさせられたりするって、普段当たり前にやっていることなのですが、よくよく考えてみると「一体何なんだ、このシステムは」なんて私は思ったりします。
そのモノやコトにヒトが意味を付けることによって、私達の脳が受け取とる世界が微妙に変化していくって、じゃあこの世界の実態って本当は何?と、私は時々、お風呂に浸かりながらボケ〜っと考えたりします。
でも、結局のところ、お風呂の気持ち良さに「まあ、何でもいいか」という結論に毎回落ち着くのでした。

おわり