サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

はてなスターの功罪について。

時をほぼ同じくして、私が購読している中の、いくつかのブログが、はてなスターの機能を外した。
また、「次第に増えたきた、はてなスターの数に戸惑いを感じている」といった内容の記事を書いているブログもあった。
それらのことが同時期に起きたことは、全くの偶然なのだが、その理由は皆、ほぼ共通したものであった。

はてなスターの数の増減に一喜一憂し、皆が望むものを書かなくてはいけないという気持ちになり、自分の意に沿わない内容のものを書いてしまう」という理由である。
要は、はてなスターの数にプレッシャーを感じてしまうということだ。
増えていくスターや読者の数に、「この人たちが望むものを書かなければならないのでは?」と、本来、自分が書きたかったことから離れてしまうことがあると言う。
そして、これは意外と精神的な消耗が激しいらしい。
本来、書きたかったことがあったから書いていたはずなのに、次第に「こう在らねばならない」と自分で自分の行動を縛り付けてしまうからだ。

またブログを読んで居ないにも関わらず、機械的に、はてなスターを付けていくという人も居るため、その存在に精神をすり減らすという人も中には居る。
確かに自分が時間をかけて書いたブログが、読まれもせずに、物として扱われれば、それは自分への侮辱と感じるのは当然のことと言えるかもしれない。

さらに、はてなスターは非常に残酷な一面も持っている。
「共感したり、素晴らしい」と思った記事に、はてなスターをたくさん付けるという人は多いと思うのだが(私もそうだ)
それは裏を返せば、「スターの少ない記事は、評価が低い記事である」とも書き手からすれば受け取れてしまう。
私はここで「しまった!」と反省した。
はてなスターの数を増減させて付けることは、無意識に、書き手にプレッシャーを与えてしまう場合があることに気付いたのだ。
当然、「そんなことは、特に気にして居ない」という人も多く居るだろうが、
人というものは、それぞれに感じていることが全く違う。
その行為が無言の圧力として重圧に感じてしまう人も確かに存在するのだ。
この点は、少し配慮しなければならないのでは、と感じた。

が、しかし、困ったことに、それを相手側に確認する手段がない。
気にしない人、気にしている人をブログの文体を読んだだけで正確に区別することは不可能である。
だから結局、私は特に気にしないで、はてなスターを付けることにした。

はてなスターは、本来、何のルールも効力も持たない、一見お遊びの機能であるが、それが人の心理に及ぼす影響はなかなか大きいものがあるのだ。


しかし、一方で、はてなスターが持つ良い面も当然ある。
例えば毎回、はてなスターを付けてくれる人に対して、「この人は、一体どういう人なのだろう?」と興味を持つことがある。それは人間として当然のことだ。
そして、その人のブログを見に行って「ああ、素敵なブログだな」と読者登録するということも、はてなブログではよくある。
また、他人のある記事にスターを付けたら、逆にその人が自分のブログを見にきてくれて、そこから交流を持つということも、よくあることだ。
このような接触は、はてなスターがなければ起きなかったことである。
このように、はてなスターには良い面もあるのだ。


色々とクドいことを書いてしまったが、
結論としては、はてなスターとの上手い付き合い方は、「数を増やすことに執着し過ぎない」ということだと思う。
皆さんには、どうかスターの数が多かろうが少なかろうが、書きたいことを伸び伸びと書いて欲しい。
私は、その人が楽しそうに書いているブログだったり、
独自の価値観を持って書いているブログが好きだ。
豊富な経験を元に、何かを教えてくれるブログも好きである。
自分の思っていること、好きなことを書いて欲しい。

人の価値は、数字では決まらない。
私の読んでいるブログの中には、読者数は少ないが非常に楽しいブログや、ためになり、考えさせられるブログがたくさんある。
この世の中、数が多いものが、必ずしも正しいということではないと私は思っている。
むしろ、その一人一人が独自に持つ、些細な楽しみや幸福こそが価値の本質である。

それに「はてなスターの機能は不要である」と感じたならば、冒頭に話したブロガー達のように外してしまおう。プレッシャーを感じて、楽しさを失ってまでやるものじゃない。

私のこの雑記ブログは、好き勝手にやりたい放題書いているのだが、最近、少しふざけ過ぎている部分があるので、ちょっと反省していることは内緒だ笑
しかし、そんな好き勝手に書いているこのブログであるのにも関わらず、気に入ってくれた記事に対して、純粋な気持ちでスターを付けてくださっている方には、こちらも純粋にすごく嬉しい。本当にありがとう。