サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

笑顔すげー。

今日、私に笑顔で手を振ってバイバイをしてくれた方が居まして、別にその方とは特別、親しいというワケではなかったのですが、
なぜか知らないけど、その人は、別れ際に、腕を大きく振りながら、私に笑顔をくれたんです。

私、人の笑顔が自分に向けられると、脳の中でブワ〜っと何かが出てくるんです。
それを感覚として自覚できてしまうんです。
たぶん、それはホルモンか何かだと思うんですけど、人の笑顔を傍から見ている時よりも、自分に向けられた時にそれはたくさん出てきます。

今日も「うわ〜、何か出てきたぞ〜」って感じで、頭がブワ〜っとなりました。
笑顔なら何でもっていうワケでもなくて、何の悪意もなく、計算もなく、勝手に溢れちゃった笑顔。あと優しさとか。
どうやら、それが自分に向けられてた時に、脳からブワ〜って溢れてくるみたいです。

そうなると、さっきよりも世界がクッキリ見えるようになります。
視力が上がるとか、そういうことじゃなくて、頭にあったモヤが晴れる感じ。
胸もフワッと軽くなります。
その度に「すげー!笑顔すげー!」と思います。
何なの。いや、ホントに。
ある意味、ファンタジーの世界です。魔法です。
「人の表情が相手の状態に作用する」って、文字に起こしてみたら、これ完全に魔法じゃないですか。

逆に怒りの表情が向けられると、私は「しゅーん…」となります。
で、その場合は、私に向けられていなかったとしても「しゅーん…」ってなったりします。

生存確率を上げるために、相手の表情を読み解くことは、人間にとって必要な能力だったと言われています。
相手が怒ってるのが分からないで近付いてしまうと危険ですからね。
私達は生き残るために、他者の表情を読み解く必要があったのです。
私も怒っている人には、正直近付きたくないです(笑)

人が持つシステムってホントにすごい。よくできてます。
何故、私達はこうなったのか。こうなる必要があったのか。
私には何も分からないけど、なんか凄いっていうことは分かります。
どれだけの膨大な歴史の上に、私達の世界は成り立っているのかを考えた時、その計り知れなさには感動せざる得ない。
すげー、すげー。ホントすごいよ。何なんだ、この世界は。