サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

無責任なことを言う経済アナリストってちょっと怖いんですけど

本日も日本の株価が下落しておりますが、皆さんお元気でしょうか(どんなあいさつだ)

私、昼間、テレビ見てたんですね。そしたら経済評論家みたいな人が出てて、
「今回の株価の下落は、前々から市場はすでに織り込み済みですし、日本株はもう割安になってるから、
これからはそんなには下がらないんじゃないですかね。大丈夫じゃないでしょうか」的なことをその経済アナリストは言ってたんです。

そのコメントを聞いて普段は虫も殺さないほど温厚な私ですが、さすがにブチ切れました。
「うぉい!なんだその無責任なコメントは!」
思わず目の前を飛んでいた虫を捕まえて握り潰してましたね。

株っていうのは「大丈夫」って考え方はあんまり意味がないと思います。
本当に大丈夫だったら、それはそれで「何事もなくて良かったね」で終われるんですけど、
株式投資には大丈夫じゃなかった場合という可能性が常に存在していて、
もし、そうなった時に、この経済アナリストの人は絶対責任取らないだろうなぁと私は思うわけです。
まあ責任の取りようはないですし、投資っていうのは自己責任ですから、それは仕方がない事なんですけど。

でも、損失が膨らんでいる人の心理状況っていうのは、自分の都合の良い言葉を鵜呑みにしてしまう部分があるんですね。
それで「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせていると、投資判断がにぶったりするんですよ。
私だったら株に関しては「大丈夫じゃない場合もあるからあらかじめ用心しておきな」と言ってくれる人の方が信頼できます。

とか書いてる間に、日経平均の下げ幅がいつの間にか1000円超えてるし!経済アナリストよ、これが日本株だ!
外人空売り部隊は容赦ないんだよな〜。本当に無慈悲。

こういう時って、その流れに乗って空売りで儲けることも出来るんですが、
空売りってなんか、その株を持っている人に対して可哀想な気がしちゃうんだよね。
まあ、そういうシステムがあるからしょうがない事なのだけど。
誰かが得をするために、他の誰かが踏み台になる世界って怖いですよね。

まあ空売りやったことあるけども。