サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

ブログでの不思議な体験について。

私はいくつか、ブログを購読しています。

はてなブログにはブログを購読するという機能があるのです。

それは、他の人のブログに読者登録をすることで、

そのブログの更新を知らせてくれるという機能です。

購読と言っても無料なんですけどね。

最初「なんだ、購読って。お金かかんのかな?」なんて思ってました。

  

それで、面白い。皆さんのブログ、ホント面白いのです。

本当にそれぞれに色があって、新しいことに気付かせてくれたりだとか、

日常のほのぼのとした風景が見えてきたりだとか、

ブログを読んでいると、その人の持つ独自の世界の一端を垣間見ているような、

不思議な感覚を覚えます。

一息付こうと思った時に、好きなブログの更新の通知を見ると

なんだかホッとして嬉しくなったりしますね。

 

そして、色々な方のブログを読んでいると、たまに自分が考えていたことと、

購読しているブログの内容が似ているということが起きたりするんですね。

「あっ、この話、私も今ちょうど思っていた!」っていう感じで、

そういう時って何だか楽しくなりますよね。共感って嬉しいことです。

 

私の購読している、ある人のブログでは特にそういうことがよく起きます。

これが私がブログで経験した不思議な体験。

 

私、この間、昔の雰囲気のまんまに存在している商店街を見つけたんですね。

その商店街だけ時が止まってるんじゃないかと思うくらいのレトロ感。

よく今まで生き残っていたな!と感動して、

そのことについてブログに書こうと思っていたんですが、

その購読してるブログにも、ちょうど商店街のことが書かれていたました。

そして私の言わんとしていたことが、もうそこに書かれていました。

だから、私は別に書かなくていいかと思って書かなかったんです。

そのブログを読んでいると、不思議なことに、こういうことがよくあるのです。

 

また先日、猫について書こうと思っていたんですが、これも、そのブログに先に書かれていました。うひゃーマジかー!

 

しかし、唯一、違う部分がありました。

私は、近所の野良猫が何故か分からないけど、なついてきたということを書こうとしていたのですが、

そのブログでは最近ネコに好かれなくなったという話をしていました(笑)

 

水辺のgotoさんという方のブログなのですが、非常に感性豊かで、世界の捉え方がすごく面白いのです。

言葉の使い方が凄いんですね。読んでいると、いつの間にか引き込まれてしまう不思議な魅力と勢いがある。

言葉が枯渇気味の私としては羨ましい限りです。

「この人から見えている世界は、どんな風に見えているのだろう」と私は毎回ワクワクしながら読んでいます。

そんな水辺のgotoさんのブログで、最も好きな記事の内の1つをご紹介して今日は終わりたいと思います。
mmarigoto.hatenablog.com

素敵なおばあさま達と、素敵な文章が書いてあります。