サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

アメリカ、金利あがってるってよ。

アメリカの株式市場が株価を大幅に下落したことを受けて
本日、日本の市場もそれにつられて、日経平均は一時1000円を超える下落となりました。

私の保有してる銘柄も、つられて大幅に下落したものもあれば、あまり関係ないものもあり、まちまちでした。

こういう市場全体の大幅下落が起きた時は、「〜が原因!」と後付のように専門家たちが何かしら理由をつけて解説しようとしますが、もういい、無理すんな!(笑
金利の上昇が〜」「割高だから〜」「貿易戦争が〜」って、
別に、それ、昨日突然起こったことじゃなくない?
何でその下落が昨日起きたかの説明にはなってないよね。
それで、これから「今後、経済は〜」「日経平均は〜くらいになって〜」「私は事前に予測できていた〜」と色々な人が色々なことを言い始めると思いますが、
私はそれらの話を聞くとしても話半分にして聞きます。
なぜなら、やることは事前に決めてあるからです。

色々なことを言う人も、そういうことを説明するのが仕事だからしょうがないのですが、
そもそも、人が、世の中の起きていることの全ての理由を明確に説明することは、不可能だし、あんまり意味はないと思います。
この世って、そこまでシンプルには出来てないと私は思っています。
もの凄い、複雑な要素が絡み合った結果が、事象として表に現れているだけで、
私達が認識できることには限界がありますので、この世のすべてを知る、読み取るということは無理です。
「これこれ、こうなってこうなっているから、世界の行く末は必ずこうなる」と完全に読み取れる人がいたとしたら、それはもう、人の域を超えた何かです。
経験として、「大体、こういう流れになるだろうな」と予測することはできますが、それも毎回当たるものではありませんので絶対ではないです。

話を株に戻します。
私は、やることは特に変わらないです。
持っている銘柄は、最初に決めてある計画通りに売買を行っていくだけですし、
監視を続けている銘柄で、これから明らかに割安になっているものが出てくるようであれば、その株を買っていく。
結果、割安でなくなった時、また売っていく。
流れとしては、そんな感じになると思います。
丁度、決算発表のシーズンですので、その様子を見ながらになるかな。
こりゃ、どう考えても売られ過ぎてお買い得!っていう銘柄が出てきてくれると良いのですが。
今回の流れが、人によってはチャンスになるでしょうし、人によっては傷口をただ広げていく相場になるかもしれません。
大事なことは事前の準備と計画だと思います。

明日はどうなるか?知らん!(笑
結局は、安く買って高く売れるように考えるだけだと思います。それは変わらないです。