サルでも書ける雑記ブログ(仮)

私の好きなように自由に書いてくブログです。

恐いのはあなた。

先月の始めだったかな、株式市場でサンバイオショックっていうのがあったんです。

株をやっていない人には何のこっちゃ分からないと思うので簡単に説明します。

 

サンバイオっていう、薬を創っている会社があるんですけど、その会社の開発している画期的な薬が承認されるかもしれないと言う事で、期待から株価がグングンあがってたんです。

それはそれはすごい勢いで、去年の11月から今年の1月までのわずかな期間に株価が4倍にまで上昇したんです。

ところが結局、臨床試験が上手くいかなくて1月の終わり頃に「今回は失敗しました」ってサンバイオからお知らせが出ちゃったんです。

それを受けて株価は4連続ストップ安を記録して、一気に株価が高値から5分の1にまでなってしまいました。なかなかの暴落です。

ちなみに私はこの銘柄は持っていません。性格上、こういうものには決して手を出しません。

 

それで、この会社の株を高値で買っていた人達は大きくダメージを負ったと思うんですけど、

全力で信用買い(要は借金して自己資金よりもずっと多く投資する)していた人っていうのは、資産が減った所か多額の借金を背負う事になったようです。

先のサンバイオショックで破産した個人投資家っていうのが結構居たみたいです。

 

これ聞くと「株ってやっぱり怖いじゃん…」って思ってしまうと思うんですけど、

恐いのは人の方です。

まだ決まってもいない事に対して、資産の全て、またはそれ以上のものを賭けてしまうって、端から見たらリスクの取り過ぎでしょう。

恐いのは、そういうやり方を取ってしまう人の心です。

「失敗したらそれどうすんの?」って周りの人だったら普通思いますよね。

でも、「もしかしたらお金を大きく儲けられるかもしれない…」となると、人って判断がおかしくなってしまったりするんです。

 

話が変わりますが、よくネットの中で「お金は簡単に儲ける事ができます、増やせます、やり方教えます」みたいな胡散臭いコンサルビジネスが横行しているのも、こういう判断がおかしくなってる人の心理を利用している商売なわけです。

「お金欲しい…、増やしたい…」と心理状態が不安定にある人は「こんな良い方法がありますぜ…教えるけど高いコンサル料払ってねウヘへ」なんて言われると簡単に飛びついてしまったりするわけです。最近はネットだけでなく、そういったセミナーやコンサルに誘導するような書籍もかなり増えていて、そういったものが書店に並んでいる事には個人的には辟易してます。

 

今回のサンバイオショックとそういう悪徳ビジネスは全然違うものですけど、まあ、つまり何が言いたいかっていうと、お金を欲する欲望っていうのは、人の判断をおかしくする事があるっつーことです。合理的な考え方を失わせるわけです。

これの厄介な事は、自分では中々その事に気付けないという事です。

何ら整合性がとれていない思考状態に、人は自覚なく陥ってしまうものなのです。

 

「赤信号だけど、みんな渡ってるから大丈夫だ」

これはもう、壊れてる考え方なんです。

みんなで渡っても横からトラックが突っ込んできたら全員、死ぬのです。

何の理由にもなってないんです。思考が繋がってないんです。

株でも「みんな買ってるから大丈夫」なんて事は何ら関係ないわけです。

でも、いつも多くの人は正気を失い始めます。人の思考や行動は矛盾だらけなんです。

 

例えば、ある会社が「なんか画期的な新商品の開発を開始しましたよ」みたいな発表があると、皆、その会社の株に、わ~っと群がるわけです。

まだ開発すらしていなし、それが出来たとして、いつ、どれくらいの利益に繋がっていくのか、またそれが実際に実現可能なのか、それすらも曖昧なままに、ほとんどの人は飛びつくわけです。

で、その人達に「それじゃあその商品が開発されて利益が出て、それが株価に反映されるまで、あなたはその会社の株を保有し続けるの?」と問うと、ほとんどの人はそんな事はないわけです。材料なんか関係なく株価がテキトーに上下したら、さっさと売り払う人がほとんどでしょう。

考えてる事と行ってる事がしっちゃかめっちゃかなワケです。

もし「なんか画期的な新商品の開発を開始しましたよ」っていう発表があったとしたら、まず考えなければいけない事は、その商品が開発できる可能性や期間についてだったり、その後、いつ、どのように利益を回収できるのか、また現在の株価に対して割安か割高か、それに対していつまで銘柄を保有する必要があるのか、失敗した時の反動はどれほどの規模となるのかという事であって、それらを加味した上で「今の株価は安いな」と判断できたら購入すればいいわけで、何にも考えないで「ひゃっはー」なんて言って安易に飛びつく事は避けるべきだと思います。それはもう投資じゃなくて投機です。投機をしたいのであれば投機をすれば良いわけです。そうだとしても、どの方法を選ぶのだとしても、それに合わせた思考を行うべきで、その考えに矛盾した行動を取る事は避けなければいけません。

自分が何をしようとしているかを自覚する事が大切なんだと思います。

投資なのか投機なのか、長期なのか短期なのか、リスクの取り方が大きすぎないか小さすぎないか、そして、それらに対して矛盾した行動を起こしていないのかを確認しておかないと、思考に整合性が取れなくなってくると思います。自分で自分の行動が分からなくなるようなら、それは最初からやらなければいい。道理が通らないのであれば、道理が通る条件が整うその時まで待つべきです。

 

また、成功したから、その行動は正しかったのかというと、それも違う事です。これもよく陥る思考の罠です。

仮に、先のサンバイオの薬がうまく試験を通過して、それに株価が反応して更に爆発的な上昇を見せたとしましょう。

もし、そうなっていたら信用取引で全力買いをしていた人は大成功となっていたわけです。でも、じゃあその行動は正しいものと言えるのか?と言うと、それはまた別の事です。

「上手くいったから正しいんだ」は理屈としては「赤信号だけど、みんな渡ってるから大丈夫だ」と同じレベルです。成功したから、決してそれが正しいというわけではないのです。

その人は信号を上手く渡れたかもしれませんが、同じく赤信号を渡った他の人達は全員ひかれてましたという事では、それは正しかったと言えるのでしょうか?また、次に同じ事をした時に今度も自分はひかれないとは言い切れないでしょう。

過剰なリスクを取って成功した者をあがめるという風潮が、世の中には少なからずあると思いますが、成功したから、それが正しいという事にはならないのです。成功か失敗かは、ただの結果です。

よく耳をすませば成功者と言われている者であっても、言っている事はめちゃくちゃで矛盾した面を持つ事も多々あります。

「成功か失敗か」と「正しいか正しくないか」は別の事です。

成功と失敗だけに注目する考え方は再現性と持続性に乏しくなります。

それよりも、そのやり方が道理にかなった正しいものであるかどうかの方が大切です。

そうでないと毎回毎回、ただの運任せにしかならなくなってしまいます。

ゼロサムゲームという訳ではないよ。

ゼロサムゲームとは誰かが儲かった分、誰かが損をするというゲーム理論の用語です。
株式投資は、一般的にお金を奪い合うゼロサムゲームというイメージがあると思うのですが、別にそんな事はありません。
安い時に買っておけば、後は企業が成長してくれれば勝手に増えるので奪い合う必要はないわけです。

しかし中には、無意識の内に自分の行動や思考からゼロサムゲームに巻き込まれ、奪われる側に回ってしまっている人も多いと思います。

そういった人に見られる傾向として、まず1つは、始めからかなり割高な所で買っているという点。
もうこの時点で否応なくゼロサムゲームに巻き込まれます。
そういう人は購入する時に「置いてかれる」「チャンスが逃げていく」
そう考えて安易に高値に飛び乗ってしまうと思うのですが、その前に一度落ち着いてよく考えた方が良いでしょう。

業績期待が過剰に織り込まれているような株価の銘柄に、計画性もなく飛び乗ると、その後、疑心暗鬼の状態に陥ります。
「どこが天井なの?」「もし下がったらどこで切れば良いの?」「自分はこの会社の業績が株価に追い付くまで待てるの?」「この成長率で想定して良いの?」「この決算内容で大丈夫なの?」
そうなると毎回ぐらぐら、ぐらぐらと思考と精神が揺さぶられます。
何が正しくて何が間違っているのか、自分は何を指針にしていたのか、それを見失うと株価の上下に動揺し、自らゼロサムゲームに巻き込まれていきます。

まず前提として良い銘柄を安く買う事。これが基本で全てです。
そのチャンスを待つ事ができないのなら、最初からゼロサムゲームとして参加をした方が、まだ冷静でいられるし行動も取りやすいのではないかと思います。


もう1つ、感情を増幅させるような人の話に過剰に耳を傾けてしまうという点。
この点も抑えておかなければゼロサムゲームに飲み込まれてしまいます。

個別銘柄の株価がバブル的な上昇を見せた時、周りから「大丈夫」「まだまだイケる」「買わない奴は馬鹿を見る」という言葉がそこら中に溢れてくると思います。
そうなると思わずその雰囲気に自分も流されてしまいそうになると思いますが、
そういう時こそ周りが冷静な判断に基づいて発言をしているのかを良く注視してみてください。
それが何の合理性も根拠もない言動ならば参考に値しません。
そういった周りの煽りは抜きにして、客観性に基づいた意見と情報を使って、自分でそれを判断してみてください。高いのか、高くないか。

また、逆に市場全体が暴落している時。
この時は周りの人間は揃いも揃って悲観的な言葉を口にし続けます。「これまでと比較して最も深刻な問題」だとか「もう、株価がどこまで落ちるか分からない」
そういった言葉を耳にしたり、目にすると精神的な動揺は増幅します。不安が頭からこびりついて離れなくなります。
しかしこれもまた、先程と同じで感情的なだけの、合理性のカケラもない発言ばかりです。
それらの言葉に流され、我慢の限界が来て投げ売りした直後、すぐに市場が急回復し始め、結果的に底値で売ってしまったという最悪なパターンを経験した人も少なくはないでしょう。市場は何事もなかったかのように平気で感情を裏切ります。
しかし、かといって暴落時に楽観的になりましょうという事ではありません。
そもそも楽観、悲観の問題ではなく、暴落時の対応を事前に考えて準備しておいたかどうかが問題です。
これはその時その人の置かれた状況、また、投資スタイルや、保有している銘柄や業種、そしてその時点でのキャッシュポジションの比率などによって、それぞれに対応は変わってくると思います。
それらを踏まえて、予め暴落時にどう行動をするかを考えておく事が大切です。
周りの人間の、その日の気分で言っているような発言を元に決める事ではないのです。


株式投資にはリスクは伴うものですが
ゼロサムゲームにするかしないかは本人に寄る所が大きいと思います。

投資がしたいのなら、待つ事です。会社を調べ、リストを並べ、購入のチャンスを待ちます。そして銘柄を買った後も企業の成長を待ちます。
そこに楽しみを見い出せるならば、投資を面白いと感じられるのではないかと思います。
また、投資といってもやり方は他にもいくつかあります。それも含めて何を選ぶかは自分で決めれば良いと思います。
ゼロサムか否かは自分次第という事です。

うるせー

4時間かけて書いたブログの記事があったんだけど、アップするのをやめた。
別に何の変哲もない普通の記事なんだけど「あれ、これ読む人によっては傷付くんじゃないの」と思ったから。
だから具体的な事は避けて、今日は言いたい事だけを書く。

上手くいかない事とかあるじゃないですか。
努力したのに成果がでないとか、周りに理解して欲しいのに思い通りにいかないとか。
で、まあそういう時って落ち込むと思うんですよ。
それは人として普通の事なんで別にいいんです。

でも、そういう時って「自分って何で駄目なんだろう」とか「ああ、あの人はうまくやっているのに…」とか考えてしまうと思うんですが、
ここで勘違いして欲しくないんですけど、うまくいかなかったからって、決して自分の価値が低くなるという事ではありません。
うまくいかなかったというだけで、別にそれ以上でもそれ以下でもないんです。
周りは成功か失敗かで評価したりしますけど、あなた自体は実は変わってません。
相対評価で考えると低く感じてしまうかもしれないんですけど、成功しようが失敗しようが、あなたはあなたなんです。
成功か失敗かだけで考えると、ホントつまんなくなりますよ。
成功したから価値があるとか、失敗したから価値がないとか、そんなもん、うるせーよと私は言いたいです。
まずその前に、大前提として、普通の日常の中に十分価値はあるんです。
家族を支えるために頑張って仕事してるお父さんとか、毎日、満員電車で通勤してるお姉さんとか、子育て頑張ってるお母さんだとか、おばあちゃんおじいちゃんを大事にしてるお兄さんとか、日向ぼっこしてるお年寄りとか、鼻たらしながら遊んでる子供とか、あなた達は、もう十分に価値があるんです。まずそれが大前提です。
その中で上手くいった事があったら多いに喜ぶべきです。なんだったら叫んで良いです。喜びを噛みしめてください。
それでもやっぱり上手くいかない事や思い通りにならない事ばっかりだと思うんですけど、それであなたの価値が失われるという事ではございません。
ただ上手くいかなかったと、それだけの事です。
精一杯やって上手くいかなかったのなら、次に活かしていけば、もうそれで良いんじゃないでしょうか。思い通りにいかないとか、認めてもらえなかったとか、それは悲しいでしょうけど、そういう時は、とりあえず茶でも飲んで一息つけと言いたいです。

買い煽り。

Twitterを使って株の買い煽りをする人が居るという事は、以前から知ってはいました。
Twitterでの買い煽りって何なのかを簡単に説明しますと、
影響力のある人間が「今、あの株は上がるよ!」というようなニュアンスの事をTwitter上でつぶやくんですね。しかも場中(取引時間内のこと)にです。
そうすると、それを見た多くの人間達がその銘柄に群がる事で株価が大きく動きます。
出来高(売買の量)を伴い、株価が大きく動くと、短期で儲けようとする人達がまたそれに群がってくるので、株価がしっちゃかめっちゃかに動きます。

ホントはこういうことはしてはいけないんです。
やってることは相場操縦ですから。
事前にその銘柄を買い仕込んでおいて、影響力を利用してつぶやき、株価を釣り上げ、本人やその取り巻きは売り逃げるということだって出来てしまうわけです。

私、今まであんまりTwitterを見た事がなかったのですが「何でも勉強だな」と思って、
噂に聞いていたその手口がどういったものなのかなと思って、その方法を追ってみました。

その人は、本当にうまいこと、限りなくグレーゾーンな発言で買い煽りをしていました。
私としては、ほぼアウトだと思うのですが、
たぶん色々な抜け道を利用しているのだと思います。
その辺は私にはよく分からないのですが、
どうやらこの国では、それはまかり通ってしまっているようです。

ああ、そうか。そういう人間もいるのだなと思いました。
他人を利用したり、揺さぶったり、踏みにじる事を何とも思わない連中が居るということを。

一生懸命働いて、お金を貯めて「少しでも生活を良くしたい」「将来のために」と考えて株式投資を始めた人の夢や心を平気でへし折るようなやり方をする存在も居たりするのです。

別にね、どの手法を取ったとしても私は基本的には批判する気はありません。
各々が好きなようにやったら良いと思っています。
それぞれの事情もある事でしょう。

ただ、人としての一線は超えてはなりません。
他人を利用したり、踏みにじった上で成り立つ世界に誰が住みたいと思うのか。

1回、壊そう。

有料のはてなブログproだとブログを10個開設できるんです。

無料版だと確か3個までだったと思います。

それで、まあ私、単純というかアホですから「え~、10個もブログ作って良いの!?それじゃあ10個のジャンルについて書こ~」って当初思ってたんですね。

でも途中で「そんなに管理できるワケねーだろ!」って気付いてやめました。

いくらアホの私でもそれくらいは気付きますよ。ええ、アホを舐めないでいただきたい。

ただでさえブログの更新頻度多いタイプではないですから、もし10個同時にブログやるとしたら、1年に数回更新あるかないかみたいな感じになって、グダグダになること間違いないでしょう。

 

それと、さすがにバレる。情報をあまりに出し過ぎると、もし知人が読んだ時に私が誰なのか個人が特定される可能性が出てくる。全体像が浮かびあがってきてしまう。

まあ、バレて何か困ることあるのかっていうと、別にないんですけどね。

でも、もし知り合いに見つかったとしたら、何かと書きにくくなるのではないでしょうか。私は監視されるの苦手でして。

だから、一応念のため、現時点においても、どこから辿っても私にはたどり着かないようには書いてはいます。

そうとう本気で「こいつが誰か絶対に特定してやる!」って人が出てきたら身バレするかもしれませんが、そんな暇な人は居ないと思います(笑)

 

ということで現行はこれ以上ブログを増やさないでやっていこうと考えています。

で、ブログ始めて1年間いろいろと書いてみて思ったんですけど、

1回ブログを壊そうと思うんです。別のブログの話なんですが。

おそらくは、なんら人のためになってない。人のためになってる気がしない。

ならば書き方を変えるべきだし、余計な記事や内容は削るべき。

小手先のテクニックなどは、やっぱり所詮小手先に終始するのだと思います。

考え方とか、余計なことをしいてる部分だとか、そういう所から、

根本的な所からひっくり返していかないと、やっぱり何にも変わっていかないんじゃないかなと思うんです。

自分で自分の首を絞めあげている人には、それをやめさせないと。

1回、やり方を考えないといけないと思いました。

皆さまもお気をつけて

けっこう長めの風邪をひきました。

ちょうど周りにも、インフルエンザや風邪をひいている人達が多かったので、
「満を持して、とうとう、私の番のようだな…」みたいな、ちょっとカッコつけながら風邪をひいてみました。

大体、私の風邪をひくパターンは決まっているのですが、
・濡れた髪をしっかり乾かしていない。
・寒い中、薄着してた。
・睡眠不足
疲労のピーク
これらの内のどれか、またはいくつかの要因が重なって風邪をひくことが多いです。
なんか子供みたいな理由も多いですね。

それで、大体、症状も同じことが多いです。
私は風邪をひくと、頭と眼が燃えます(!?)
メラメラ燃えます。
熱なんだか、なんだか分からないんだけれど、
感覚的に脳と眼が焼かれている感じ。
基本的に、この燃えてる炎を下に降ろさない限り、いつも治らないですね。

今回は厄介で、この熱がなかなか降りなくて「はぁ、困ったな」って感じなんですが、
そこで「じゃあブログを書こう!」って結論に至りました。
何が「じゃあブログを書こう!」なのか、私も全然意味が分からないのですが、
風邪ひいてる時だったら変なこと書いても怒られないんじゃないの!?お得じゃん!みたいな事をたぶん考えたんだと思います。
「この人、言ってることおかしいけど、風邪ひいてるなら仕方ないね」って免罪符になるじゃないですか(ならない)

今回の風邪は、たぶん頭と眼の使い過ぎからくるものだと思われます。
え?「あんたいつもボ〜っと生きてんだから頭使ってないだろ!」ですって!?
失礼な!私だって頭を使うことはあるんですよ!!
最近、色々悩んでたんですね。
たしか「コーンスープとコーンポタージュの違いって何だっけ?」みたいな、たぶんそういう悩みだったと思うんですけど、
「うーん、何が違うんだっけなぁ」ってウンウン唸って、最終的にはスマホで調べました。
納得いく答えは得られたのですが、そこで頭と眼の疲労がピークに達したんですね。
私の脳内のメモリーファミコン並みですから、すぐ熱を持っちゃうんです。同時に眼を使うとかなりマズイ。
だから風邪をひいた原因はおそらくこれですね。きっとそうです。

それで風邪ひいて、ただ安静にしているだけなのも暇なので、時々、他の人のブログを覗いたりもしました。
皆さん、面白いことを書くものですから「フフ、おかしいな〜」なんつって笑いながら読みました(風邪ひいてる割に余裕がある)。
私がいつも楽しみに購読しているブログで「あなたのラスボス度診断」というものを紹介していました。
mmarigoto.hatenablog.com

それは名前を打ち込むとラスボス度を診断してくれるというものなのですが、
それを見て私、「うわ、何コレ面白いなぁ」って思ってやってみたんです。
とりあえず、このブログのニックネームの「モンキートライ」で打ち込んだら「序盤で戦うボスです」って表示されました。こりゃまた微妙な…。
次に本名で打ち込んだら「ラスボスすら恐れる裏ボスです」って出てきました!うわぁ!
フフフ、そんな裏ボスさんは寝込んでますよ〜。

風邪やインフルエンザが流行っているみたいなので、皆さんも気をつけてくださいね。
お身体、お大事に。

思わず、口ずさんでしまうから。

わたしの中には「殿堂入りCM」というものが存在していまして、

わたし独自の基準において「なんか好きだ」と感じたCMは、

この「殿堂入りCM」に殿堂入りとなります。

要は、わたしが気に入ったCMという事です。

 

この度、西松屋のCM「SmartAngel それいい値男の子女の子編」が殿堂入りを果たしました。

おめでとうございます。

殿堂入りのお祝いといたしまして、わたしから「おめでとうございます」という言葉が送られます。

おめでとうございます。

 

今回、殿堂入りとなりましたCMはこちらとなります。

www.youtube.com


 

「はぁ?これが殿堂入りなの?」と思われた方も居るかと思いますが、殿堂入りです。

わたしの殿堂入りCMの基準の1つに「思わず口ずさんでしまう曲が流れている」という基準があります。

このCMがその条件に該当いたしましたので、この度、殿堂入りとなりました。

 

「いいね、いいね、それいいね」

 

主な殿堂入り理由

・曲を思わず口ずさんでしまうから。

…以上となります。

 

本来、好きじゃないです。商品や値段を前面に出してくるCMは。

商品やブランド、企業のPRなどは、CMという作品の中に、

自然と溶け込んでいる方がわたしにとっては強く印象に残ります。

そしてそういったCMは、わたしの記憶が続く限り、延々と思い出される事となります。

 

ですから、この西松屋のCMは商品を前面に押し出してきていますので、そういう点では、実は全く好みではありません。むしろ苦手な部類です。

「いいね」を「いい値」にして表記している所や、商品と値段を画面半分を使ってアピールしている点も、そんなに好きではありません(いや、そもそもCMってそういうことをアピールするものじゃんか…何言ってんだ、わたしは)。

 

しかし、ただ1点、「思わず曲を口ずさんでしまうから」。

この1点突破で、今回、殿堂入りとなりました。

 

映画とかドラマでも、わたしは1点突破に弱いのです。

何か良い点が見つかると、全体的に好まない部類であったとしても好きになってしまうということが、わたしには多々あります。

「本当は全然好みのタイプではないけど、あのシーンは強く印象に残ったから、この映画は好きだ」といったような感じです。

わたしの中に何か引っかかる部分があると、全体を補って「好き」となります。

 

ふと、このCMの曲を歌っていたりします。

お風呂でお湯につかっている時、

晩御飯のお味噌汁作っている時、

近所のスーパーに行く途中。

 

「いいね、いいね、それいいね」

 

本当はこのCMが好きなのではなく、曲が好きということなのでしょうが、

CMのために書き下ろされた曲なので、このCMと曲は切っても切り離せないのです。

ですから、それをひっくるめての殿堂入りとなりました。

 

ですから、今回のCMは、殿堂入りしたCMの中でも、少し異例の扱いということになります。

実は私自身も全く納得していません(なんだそりゃ)。

 

でも、仕方ない。

だって、思わず口ずさんでしまうんですから。


 

 

 

このCM曲を作ったビューティフルハミングバードを知ることができただけでも

殿堂入りの理由としては、充分かな。

www.youtube.com

なんとまあ、素敵。